3Dプリントファイル

Ballistix® Tactical Tracer RGB DDR4ライトバー用:

これまでにないシステムへとカスタマイズしますか?

ここから始める!

これらの手順を追って自分だけのライトバーを作り、Ballistix Tactical Tracer RGB DDR4モジュールに付けます。*

  1. スターターファイルをダウンロードする

  2. ライトバーファイルを好みの3D編集ソフトウェアにインポートする:Blender®、Netfabb®、FreeCAD、Autodesk® Fusion 360™、SketchUp®は無料またはトライアル版があるソフトウェアです。注:3Dプリントファイルのインポート方法はプログラムによって異なります。

  3. 3Dソフトウェアでモデルを変更します。変更箇所はライトバーの上部に限定し、側面や底部は変更しないように注意してください。また、作成するモデルの高さと幅の制限にも注意してください。たとえばメモリの取り付け位置がCPUクーラーの下である場合、垂直方向のスペースが限られます。ファイルをSTLなどの3Dプリントタイプとして保存かエクスポートします。

  4. 印刷プログラムでファイルの準備とスライスを行います。印刷の設定ではインフィルの充填率を0%にすることをお勧めします。これによりLEDの光がバーをより通過しやすくなります。外壁は必ず1から3に設定してください。これ以外に設定すると光の透過を制限する結果になります。プリントプログラムで推奨されている場合は、必ずオブジェクトがマニフォールドになるように
    修正してください。

  5. ファイルを印刷します。印刷には半透明のPLAまたはABS樹脂を使用してください。着色されたプリント素材は光を通さないのでカラーは避けてください。半透明の印刷を行うのが初めての場合は、テストプリントを何回か行って適切な温度とプリンター設定のプロファイルを作成してください。

  6. できるだけきれいに見えるように印刷物のバリ等を取り除きます。この作業には小型のX-ACTO®ナイフが最適です。作業は十分注意して行ってください。

  7. 取り付けペグを押し出して既存のライトバーを取り外し、作成したライトバーを取り付けます。

  8. カスタムライトバー付きのモジュールをマザーボードに取り付けます。作業にあたっては、システムの電源切断と、作業者自身のアースを忘れないください。

  9. システムの電源を入れます。Ballistix® M.O.D. ユーティリティでライトの設定をお好きなように変更し、作成したライトバーを楽しんでください。

スターターファイル

オフィシャルチームのファイルを入手する

カスタムしたライトバーデザインをシェアしましょう!#PrintBuildWin

今月シェアされた投稿は以下のとおりです。すべての投稿を見るにはTwitterの #PrintBuildWin をご覧ください。

写真、ビデオ、3Dプリントファイルを #PrintBuildWin でTwitterでシェアしましょう。 

Tactical Tracer RGB DDR4モジュールは、3つの異なるライトバーオプションでクリエイティブな光でライトアップするようにデザインされています。

以下のようなことができます。

  • Ballistixロゴ付ライトバーで拡散光をライトアップ
  • ライトバーを取り外して最高輝度に
  • 自分だけのデザインでライトバーの3Dプリントも可能