はじめてのゲーム用PCを
構築するための10のヒント

正しく構築して自分だけの最高の装置をつくってみよう

はじめて装置を構築するときに念頭に置いておくべきことについては、インターネット上に山ほどガイドがあります。ハードウェアの設定方法を説明するチュートリアル、オペレーティングシステム(OS)のインストール方法や必要なドライバーの説明が記載されている記事、手順を詳細に説明する動画、または従来のようにフォーラムでアドバイスを得ることができます。これらは具体的なアドバイスを得るためには最適なものですが、単純にどこから始めるべきかを知りたい場合はどうすれば良いのでしょう? 以下の10の勧めを参考にして正しく始めましょう。

1. 基本が何より大事!

基本設定には以下が含まれていなければなりません。

  • 中央処理装置(CPU)マザーボード
  • CPU冷却装置
  • ランダムアクセスメモリ(RAM)
  • グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)
  • ストレージ
  • ハードドライブ(HDD)またはソリッドステートドライブ(SSD)
  • 周辺機器(マウス、モニター、キーボード)


2. お持ちのCPUとマザーボードは互換性がありますか?

CPUとソケットの互換性は最優先事項です!ソケットを確認するだけでは十分でないこともあります。使用しているマザーボードが、最新のプロセッサをサポートしているかどうか、十分気を付けてください。正しいCPUを使用しないと、メモリのパフォーマンスを制限してしまい、メモリの速度に影響することがあります。このようなうっかりミスがないようにしましょう。

3. 高速のCPUを使いましょう!

新しいAMD®とIntel®プロセッサの多くは、高速DDR4メモリ上で処理能力を発揮します。プロセッサが処理するメモリ速度が速いほど、アウトプットは大きくなります。その結果、より高速で応答性の高い装置が得られます。


4. ペーストはとても重要です!

初心者のビルダーの皆様にぜひともお伝えしたいのは、ペーストは基本原則と同じくらい大切であるということです!塗布方法はいくつかあり、どれも機能はしますが、当社では豆粒程度の大きさのペーストを加えることをお勧めします。塗布はすぐに終わるような簡単なものですが、必ずCPUの下ではなく上に塗布してください!量が若干(常識の範囲内で)多くてもそれほど問題ではありませんが、必要以上の量を使うと、ソケット内が汚くなってしまいます。ただし、量が不十分だと、伝熱が適切に行われないおそれがあります。したがって、豆粒程度が適量とされています。
 

5. RAMの取り付け 

RAMスティックやDIMMは、決められた方向で挿入するようになっていますので、取り付けの際は、力をかけて挿し込む前に、必ず方向を確かめてください。誤ってハルクスマッシュを発揮しないよう気を付けてください。メモリをデスクトップパソコンやノートブックに取り付ける際はMicronの オンラインガイドを参照するか、メーカーの指定した手順に従ってください。


6. メモリ速度はどうですか?  

2400 MT/秒のキットを購入した場合、購入した速度が完全に得られているかどうか、確認する必要があります!装置の構築終了後は、BIOS(基本入出力システム)設定やメモリのプロファイルのロードが必要なことがありますので、必ずメモリの速度を確認するようにしてください。Ballistix® M.O.D.ユーティリティやその他サードパーティのアプリケーションで、システムが使用しているメモリの速度を表示することができます。 


7. 人間はミスを犯します。 

I/Oシールドを忘れないようにしてください。最初の装置では、誰もが2度、3度とあらゆるチェックをするのでおそらく忘れることはないでしょう。でも上達してシステム構築に慣れてくると、実際に発生することがあります。もちろん、友達は忘れますよね・・・(おっと!) 


8. 電源に80 Plus規格が必要な理由 

トラブルのない電源が必要です!安定した電源供給の目安として80 Plus規格があり、それぞれ異なる電源変換効率が定められています。以下はベーシックから最高品質までのさまざまな認証レベルです。 

  • 80 Plus 
  • 80 Plusブロンズ 
  • 80 Plusシルバー 
  • 80 Plusゴールド 
  • 80 Plusプラチナ 
  • 80 Plusチタン 

変換効率が高いほど、電源の規格が高くなります。また、システムを安全に保つために、過電流防止機能(OCP)、過電圧防止機能(OVP)、その他の防止機能も備えています。セミモジュール型または完全モジュール型電源を使用すると、ケーブルマネジメントが楽です! 

 


9. ケーブルマネジメント

自分でPCを構築する上での楽しみの半分は、実際にそれを組み合わせることです。そして、もちろんきれいですっきりさせたいですよね? ケーブルマネージメントは見た目をきれいに整え、時にはシャーシ内の通気性が向上することで、システムの冷却能力も向上します。
 

決着の時

PCの構築は千差万別の体験で、時間もかかります。正しいコンポーネントを見つけ、組み合わせるために費やした努力、このすべてが、不安と迷いの決定的瞬間へと至ります・・・果たしてちゃんと起動するでしょうか?!構築成功おめでとう!  

©2017 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。BallistixおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷や写真における誤記や脱落について一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Ballistix、Ballistixのロゴ、Built to WinはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。 その他のブランド名や製品名は、その所有者に帰属する商標または登録商標です。